破産者 株式会社ハンドキャピタルアソシエイツジャパン・熊本徳夫・坂上好治 財産状況報告集会(第二回)の状況報告速報版 
                                    (通称 「債権者集会」)


                                                  (2008/1/21/平成電電出資被害者結束委員会)
(現在詳細改訂版作成進行中2008/1/27)

平成電電出資被害者結束委員会のTOPに戻る



 
事件番号;平成19年(フ)第5228号;株式会社ハンドキャピタルアソシエイツジャパン⇒「ハンド社」と呼称する。
事件番号;平成19年(フ)第3971号;熊本徳夫
事件番号;平成19年(フ)第6317号:
坂上好治

開催日時; 平成20年1月16日(水)14時31分〜15時10分(最大終了予定時刻16時、14時26分までは破産者平成電電設備・平成電電システムの債権者集会)
場所   ;日比谷公会堂(東京都千代田区日比谷公園)
参加人数 ;約110名。大半が平成電電匿名組合に出資した方だと思います。
        平成電電設備・平成電電システムの債権者集会に出席している方の半数以上が退出した後の状況です。
        会場の観覧席1階半分の観客席から更なる「歯抜け」の状態になっています。

舞台席列席者;(裁判長による紹介は破産管財人の竹越弁護士以外は省略のため推測になります。)
    裁判所側(舞台中央)  
           西裁判長1名、陪席裁判官2名(右陪席;中山判事、左陪席小川原判事)、田村書記官1名 (以上東京地方裁判所民事第20部)
    管財人側(舞台側向かって左側)  管財人(竹越弁護士)1名、管財人代理(中井弁護士・清水弁護士)2名、公認会計士(大橋会計士、渡辺会計士の2名(この2名については今回は観客席から管財人代理の左側に着席)管財人側の後方は列席者おらず。
    破産者側(舞台側向かって右側)   
            ※破産者(熊本徳夫株式会社ハンドキャピタルアソシエイツジャパン元代表取締役は欠席) 
            ※破産者(熊本徳夫、坂上好治の両名は勾留その他の理由で欠席
            代理人(標題の弁護士)3名;すべて平成電電設備・平成電電システムと同じ弁護士
            代理人(弁護士)の3名の後方に1名列席(前時間の平成電電設備・平成電電システムの債権者集会には列席せず)。

 (概要;後日付け加え予定)

  今回の標題の債権者集会は第二回になります。この集会が「破産者平成電電設備及び平成電電システム」と密接な関係があるということで前の時間引き続きにその債権者集会が行われました。今回は前回とは違い、入れ替えのための5分間を休憩相当に要しただけで、定刻から1分遅れで始まりました。(前回は30分程度の休憩という名目の時間を挟んで16時から1時間24分間行われました。)前の平成電電設備と平成電電システムの債権者集会より裁判官側はすべてそのままで、管財人側は小林管財人から竹越管財人になるためすべて入れ替え、破産者側は代理人3名はそのままで後方に1名加わりました。

 西裁判長より舞台側の列席者の紹介(破産管財人竹越健二弁護士)がありました。
この3者の債権者集会に関しては予め債権者の入場時に資料が3枚(破産者に関して各1枚の内容)が配布されました。

14:34より(15:05まで)破産管財人竹越弁護士から3者(ハンド社、熊本徳夫、坂上好治)の財産状況の説明が行われ、その後約5分1件に渡り質疑応答が行われました。
 尚この債権者集会は非公開であるため、参加者は債権者もしは債権者と思われるもの、債権者代理人に限られます。


   破産開始決定(旧 呼称 「破産宣告」と同じ)は次の通りである。
  ハンドキャピタルアソシエイツジャパン;平成19年5月16日
  熊本徳夫                 ;平成19年4月6日
  坂上好治                 ;平成19年6月13日

 以上3者は平成電電設備・平成電電システム破産管財人小林信明弁護士によって申し立てられた(債権者破産)。

 (前回の報告で説明済み)
 
・配布資料;報告書(概要);破産者 株式会社ハンドキャピタルアソシエイツジャパン A4判×1枚(表裏印刷)
        報告書(概要);破産者 熊本徳夫                        A4判×1枚(表印刷)
        報告書(概要);破産者 坂上好治                        A4判×1枚(表印刷)
  以上計3枚入場時に配布。


14:34
 破産者ハンドキャピタルアソシエイツジャパン(ハンド社)について
前回の債権者集会報告時の3700万円から9400万円に増殖しました。銀行(銀行預金)についての回収は調査のためにかなり時間がかかりましたが、口座を解約して回収は終了しました。あとは税金の還付などが残っています。約1900万円余となります。保険についてですが、帳簿にないものもあります。解約をしたところ3100万円ございました。会員権の処理や敷金・保証金の返還もしかるべき処置をしています。ハンド社についての回収業務(重要な資産の換価業務)はほぼ完了しています。
関係会社であるキャピタルトレード、丸の内ファシリティーズについての清算手続き中です。
したがって、今後の大きな財団の増殖は見込めないと考えられます。
 債権の総額は約880億円になります。
 今後の管財業務についてですが、信用組合の出資金と他に熊本徳夫に対する短気貸付金が400万円、坂上好治に対する長期の貸付金が2700万円ございます。今後判明している債権者に対して債権届出書を送付する予定です。

14:47
 破産者 熊本徳夫について
 熊本徳夫は香港に銀行口座がありそれ以外の日本の預金口座はすべて解約及び回収しています。また保険契約もすべて解約の上返戻金を受領しています。調査(資産の)は現在も進められていますが、ハンド社に帳簿が残っていればチェックができるのですが、預金通帳で調べを進めています。またグローバルワイヤレス株式会社とグローバルワイヤレスマシナリー株式会社については前回もご報告したとおり、携帯電話に関する会社でどのようにその資金が使われたのか現在調査中です。キャピタルトレードと丸の内ファシリティーズについては先ほど(ハンド社)申し上げましたとおり清算手続き中です。現時点ではどこかでお金が余っているということはありません。
   第2に破産財団の状況ですが6400万円の破産財団を形成しています。しかし債権の総額は870億円ございます。
 今後の管財業務ですが、香港の銀行の処理や破産者(熊本徳夫)についての資金の流れの調査を継続しているというところです。また不動産(千葉県浦安市舞浜)についてですが、熊本純子(くまもと すみこ)さんに関する平成17年11月に移転(所有権の移転)については否認ということで回収の予定です。その時は離婚(熊本徳夫氏と熊本純子氏)しているので、その部分については争いがあります。
 
14:55
 破産者 坂上好治について
  回収業務となりますが、銀行口座については解約をして回収済みです。また、貸付金についてですが、有限会社プラネット(不動産管理会社)に対して2700万円ありますが、現在回収の交渉中です。あと保険についてですが、20数の契約がありますが、一部の保険について親族に関するものがあり、継続したいとのことですが、それについては、返戻金に相当する金額の支払いをすることにより放棄をする予定です。その他の保険にについては返戻金を回収済みです。不動産については4つありまして、マンションが3つ、建物が1つです。そのうちの1つのマンションは800万円で売却済み、もう1つはワンルームオーバーローンとなっているために放棄をせざるを得なく、もうひとつは担保権が設定されており資産価値としては疑問であり、ます。あと建物は秋田にありまして敷地使用権などの問題もあり売却は難しく検討中というところです。
 自動車については売却完了しており、他には消費者金融に対する過払い金が判明したので、現在返還に向けて交渉中です。
  現在1980万円の回収がされており債権額としては883億円になるというところです。

(以上)
15:05 西裁判長⇒参加債権者;質問をお願いします。
    (質疑応答)
    @男性;私が心配なのは、時間が経つと薄れるのか、詐欺罪で捕まっている人について毎日取り調べが行われているのかどうかということです。
     竹越管財人⇒半年前になりますが、今はハンド社、坂上(坂上好治)、熊本(熊本徳夫)、その点について、処理が終わらないと先に進みません。次回は全容がわかるように目途がつくのではないかと考えられます。

(以上)
    西裁判長;否認や坂上(坂上好治)の不動産の処分もありますので次回期日を続行します。次回期日は平成20年7月30日の14時30分場所はここ(日比谷公開堂)で行います。

15:10 終了


※上記内容は当会独自見聞による主観での記載で極力客観性を試みていますが、情報に誤りがあり、それを信用したことによる責任は負えませんのでご覧になる時はあくまでも御参考程度にお願いします。

第二回破産者 ハンドキャピタルアソシエイツジャパン・熊本徳夫・坂上好治の債権者集会(平成20年1月16日)の状況報告
大変お待たせいたしました。平成電電匿名組合の次の時間の部の債権者集会の速報になります。こちらのほうは回収の目途かなりのところまで進んでいるとの報告がございました。
(2008/1/21/平成電電出資被害者結束委員会)




写真;債権者集会会場である、日比谷公開堂(東京都千代田区日比谷公園)入り口






平成電電出資被害者結束委員会のTOPに戻る

平成電電 / 平成電電出資被害者結束委員会 / 平成電電被害者の会 サイトマップ

平成電電出資被害者結束委員会へのHPへ戻る
平成電電出資被害者結束委員会参加方法
平成電電出資被害者結束委員会会合 幹事一覧
平成電電 被害者 資料はこちらです。
平成電電 関連ニュース
平成電電 逮捕情報はこちらに移動しました(2007/4/2)
平成電電匿名組合第13号  募集資料(再現)2007/5/6。
上記の文章の過去分はこちらです。(平成電電 被害者)

平成電電 民事訴訟 情報はこちらです。
第五回口頭弁論(平成19年12月19日)速報。
第四回口頭弁論(平成19年11月21日)速報。
第三回口頭弁論(平成19年10月17日)速報。
第二回口頭弁論(平成19年9月19日)速報。
第一回口頭弁論(平成17年7月25日)速報。

第三回破産者平成電電株式会社平成19年9月26日債権者集会の状況報告(速報)
第一回(平成電電設備・平成電電システム)平成19年2月7日債権者集会の状況報告(速報)
第二回(平成電電設備・平成電電システム)平成19年7月31日債権者集会の状況報告(速報)
第一回破産者 ハンドキャピタルアソシエイツジャパン・熊本徳夫・坂上好治の債権者集会(平成19年7月31日)の状況報告
破産者佐藤賢治第二回債権者集会(平成19年11月14日)速報。
破産者佐藤賢治第一回債権者集会(平成19年7月25日)速報。

(第一実行部)
平成電電匿名組合出資被害者の会関係

平成電電匿名組合に出資されたあなたへ
平成電電匿名組合連絡掲示板 (地域毎・項目別のスレッド掲示版)
平成電電匿名組合情報提供・収集掲示板
平成電電匿名組合情報提供・収集掲示板(過去倉庫)
wikipedia-平成電電匿名組合
平成電電匿名組合第13号  募集資料(再現)2007/5/6。


(第二実行部)
平成電電利害関係者連絡会
↑匿名組合を除くfreecom,ADSL、パートナー等の出資関係です。
wikipedia-平成電電
2chニュース【平成電電】
平成電電ベンチマーク掲示版

(第三実行部)

平成電電グループに労働力等を提供するあなたへ
平成電電関係企業一覧
平成電電関連総合掲示版
平成電電グループ労働関係者交流掲示版
wikipediaドリームテクノロジーズ トライアイズ


その他
近未来通信出資者結束委員会
(新)パソコン初心者質問掲示版
EXIT




inserted by FC2 system