第7回公判(平成電電匿名組合詐欺被告事件_被告人熊本徳夫・同 坂上好治〜刑事裁判)状況報告速報版 ※その1全容概略(簡易速報)
                                    


                                                  (2008/7/2/平成電電出資被害者結束委員会)
(現在詳細改訂版作成進行中2008/7/5)


平成電電出資被害者結束委員会のTOPに戻る


平成電電出資被害者結束委員会 携帯版 に戻る

(敬称略)  

 平成電電匿名組合詐欺被告事件第7回公判(平成20年07月02日) 東京地方裁判所429号法廷 配置図。


事件番号;詐欺平成19年刑(わ)第994 号 
                    同 第1219 号 
                    
同 第1323 号 
被告人熊本徳夫、同 坂上好治
 

開催日時; 平成20年7月2日(水)10時00分(開廷)〜15時43分(終了宣言)
※当初の予定では17時00分まで行う予定。
※途中中断 は昼休みのみあり。
       


場所    ;東京地方裁判所第429号法廷(東京都千代田区霞ヶ関1丁目1−4))
参加人数 ;訴追側(検察官)席;前列(内側を呼称);3名、
         (検察官;杉山貴史、高長伯、森川久範、岡本洋之
              
森本宏、岡本洋之、渡邊卓児 に第2回公判より変更

       被告人・弁護人側席;
前列 計4名(内側を呼称);被告人熊本徳夫、被告人坂上好治、熊本弁護人1名及び坂上弁護人1名。
                       後列 計4名(外側を呼称);被告人(熊本、坂上)弁護人計4名
       傍聴席12名(報道関係者用傍聴席0名、その他11名、車椅子1名);傍聴席数38席
         
       
裁判官列席者; 裁判長 合田悦三  (舞台最上段中央)、
           裁判官  高橋正幸  (右陪席)、
           裁判官  賀嶋 敦   (左陪席)
下段列席      速記官
法廷舞台席側右角席(特別傍聴席;司法修習生)7名 (前回の参加はありません。)
進行役       書記官 小山 秀明 (今回は女性の書記官)  
  裁判所職員は刑事第6部
         
※証言台席については初公判では、被告人らによる罪状認否、第2回公判より証人尋問で使用、熊本徳夫被告人と坂上好治被告人は開廷から閉廷まで被告人・弁護側席に着席、弁護側前の勾留被告人着席用シートは使用せず。(被告人両名は既に保釈されている。)
  今回の午後の証人尋問は佐藤賢治元平成電電代表取締役で、逮捕時(平成19年3月5日)より現在に至るまで勾留が継続されている。そのため手錠と腰縄をつけたまま、刑務官2名に付き添われ入廷、後部シート前で手錠と腰縄を解かれ佐藤賢治証人は証言台へ宣誓後着席、刑務官2名は後部シートに着席、退廷時は法廷の出たことろで手錠と腰縄を刑務官2名により装着され、東京拘置所(東京都葛飾区)へ戻った模様。

傍聴席について、正門1番で先着順で傍聴券を配布(配布開始は9時45分)。
※庁舎内入場時、429号法廷入場前も身体チェックを行う。手荷物及びカメラ・録音機器・カメラ付き携帯電話はすべて法廷入場時に預ける規則、女性のみ手荷物1つ持ち込み可。

10:00 裁判官・検察側・被告人弁護人既に着席済み。
10:01 傍聴人入場
10:02 裁判長より;開廷の旨を説明。
10:03 本日の証人入場(茂木 公認会計士 元みのり共同会計事務所所属、平成18年9月30日に同事務所解散、現在は他の監査法人に所属);
10:04 証人に、証人の任務についての説明、聞かれたことに関しては必ず答えなければならず、嘘をついてはいけない。但し自己が証言することにより刑事責任を問われる恐れがある場合のみその旨を告げて証言を拒否できる旨を告げる。
10:05 証人宣誓

10:06 検察官2(渡邊検察官)より尋問開始

(簡易速報)

 本日は17時終了予定のところ、標記の時刻で終了。この時間までに午前中に1名の証人尋問。昼休みを挟んで、午後も1名(佐藤賢治元平成電電代表取締役)で計2人の証人尋問を行いました。それぞれの証人について、前回等同様、前半は検察側からの主尋問、後半は弁護側からの尋問、最後に検察側、弁護側、裁判所(左陪審、右陪審、裁判長)の尋問という流れで行いました。最後に熊本被告人及びその弁護人との1分間の法廷外での打ち合わせで、7月10日(木)予定の証人尋問の取消を裁判長に口頭で申し出それを認めたことにより7月10日の公判期日は無くなりました。
  各証人尋問について概要をお伝えします。

時間の都合で今回はここで簡易速報にさせていただきます。本日の証人尋問は午前中は茂木公認会計士でした。 当時はみのり共同会計事務所所属(平成18年9月30日解散)であり、主に平成電電匿名組合第1号(関東)から8号までの監査を担当していました。そのきっかけは熊本被告人と同じビル内で仕事をしていたということで、熊本被告人から平成16年5月頃に依頼があったとのことでした。当初第1号からは匿名組合で扱う金額が小さかったためその監査の請負費用は各号に対して、35万円という安い価格でした。茂木証人は熊本被告人を人柄がよく、仕事のできる人と評価していました。
号を重ねる毎に扱う金額も大きくなると、茂木証人は監査に関して肝心の平成電電本体(平成電電株式会社)の決算内容を見たいとのこととなりましたがその資料をみることはできませんでした。また坂上被告人からはこの平成電電匿名組合は「豪華客船なのかそれとも泥舟なのか」という不可解な投げかけや熊本被告人からのメールには会社(平成電電株式会社と証人は推測)が債務超過などの回避策を質問されるような場面も遭遇しました。そのようなことであっても請け負っている内容に影響はないとのことでした。さらに担当した8号までは監査の結果適正という結果も出しました。

そして午後は検察側証人最後ということで、現在も勾留中の被告人である佐藤賢治被告人が証言台に立ちました。(つづきは現在作成中午前4時ころ完成予定です)
13:33分佐藤賢治証人(今回は証人のため証人と呼称)が入廷、「勾留中」の証人なので、刑務官2名に付き添われ、手錠と腰縄をつけて入廷、その時傍聴席をにらみつけるような素振りので睨んでいるかのため、「もしかしたら、法廷で暴れだすのではないか」と思われる程の疲れが顔に出ているようすでした。入廷後、手錠と腰縄を外されました。そして、2名の刑務官は証言台後ろの長いシートに腰掛け、佐藤賢治証人は証言台の前に立ちました。それから証人宣誓をし、裁判長より証人についての説明も受けていました。実際にこの事件についての同様の刑事被告人であるため、裁判長からは「今日は証人であるため、答える義務がある、自分が証言するときに不利になる証言は拒否することができる」との説明も受けていました。
最初は平成電電株式会社についての設立の経緯を検察官席の岡本検察官より尋ねられていました。その内容は平成電電(当時は名称が違う)は平成2年7月に設立されました。当時の名称は「トライネットワーク」という名前です。主な業務内容は輸入雑貨(化粧品なども含む)の販売となり、その後インターネットプロバイダーの営業を開始し、さらに第一種電気通信事業の免許(通信設備及び媒介することのできる事業、いわゆる電話事業)を取得したため、それに伴い名称も平成14年2月に「平成電電(平成電電株式会社)」に変更をしたとのことです。平成電電に変更してからは、マイライン事業、ADSL事業、そして直収線事業(事業開始時の名称は「平成電話」、その後「chokka」と名称を変更)などと順次拡大しました。
熊本被告人と坂上被告人との関係は?との質問に対し佐藤賢治証人は次のように答えていました。
熊本さんとはプロバイダー事業の買収の話をもちかけられた(トライネットワークの名称時代)。その後平成電電に名前を変更したあとも熊本さんとの付き合いは継続しています。(岡本検察官の質問に対して)熊本さんがハンド社を設立したのだと思います。また平成電電とハンド社(ハンドキャピタルアソシエイツジャパン)はコンサルタント契約を結んでおり、資本政策(資金調達ということでもないが、主に平成電電の株式公開の事)や証券関係の相談です。
(検察官の質問に対して)熊本被告人と会うのは正確には言えませんが、月に一回は会っていたと思います。電話での話しになると頻度は高いですが、何回も電話でのやり取りはございません。坂上さんとはハンド社の社員なのだと思いますが、熊本さんの部下であることは知っており、平成電電匿名組合の事務処理をしていました。
平成電電(平成電電株式会社)が直収線事業を行うに至った経緯は、熊本さんに公開(平成電電株式公開)の相談も含めて、資金調達なども併せて相談し考えた結果、熊本さんが、次の話の時にもってこられたので、私(佐藤賢治証人)がそのことを承認しました。匿名組合はどのようなことをやったかといいますと、平成電電の事業に必要な通信機器を購入し、(平成電電に)リースするのもですというものです。基本的に銀行は融資が出来ない状況なので、平成電電が持っている、通信機器をリースの対象とし、匿名組合に売却してそこからリースをうけることにしました。実際の取り引きの状況は、匿名組合(1号に相当する「関東」)より、平成電電匿名組合から機器をリースしてもらうということです。(検察官の質問に対して)、リースバックスキームは確か10号匿名組合か、9号匿名組合の募集開始前に、熊本さん達に話しました。
平成電電匿名組合9号と10号の募集のころでいsたので平成16年9月か10月ころ(リースバックスキームについて)話したかと思います。その時の私(佐藤賢治証人)が見た熊本さんの反応は、特に拒否するようなことはありませんでした。



7月10(木)の第8回公判は熊本被告人側・弁護人側の証人申請取消(7月10日予分の)のため、この日は行われず次回第8回は9月3日(水)になります。
(2008/7/3/平成電電出資被害者結束委員会)


 
 

※本速報に関しては客観性を心がけていますが作成者(平成電電出資被害者結束委員会)の主観によるものです。閲覧の場合は実際の表現などで内容と相違することがあります。その点をご了承の上閲覧をお願いします。また本文をご覧になられて損害を受けても一切責任を負えませんので参考に留めていただけるようお願いします。さらに本文の作成はすべて当会がおこなっているものなので、この本文をご覧になっての質疑要求などを東京地方裁判所、東京地方検察庁、その他弁護人にお問い合わせになられることはご遠慮願います。
 間違い等がございましたらご指摘いただけると幸いです。 またリンク等は自由ですが、出典、参考アドレスは明記していただくようお願い申し上げます。



ご参考 第1回公判(熊本・坂上ルート)(平成20年3月28日)速報。
(2008/3/28/平成電電出資被害者結束委員会)

ご参考 平成電電 逮捕 (平成19年3月5日からの情報)。
(2007/3/5/平成電電出資被害者結束委員会)


公判の日程(現在のその他の日程も含む)はこちらです。



第7回(平成電電匿名組合詐欺被告事件)公判期日




写真;第4回平成電電匿名組合詐欺被告事件(被告人熊本徳夫、同坂上好治)


傍聴券交付情報


平成電電匿名組合詐欺被告事件は事件番号:「平成19年刑(わ)994他 刑事第6部」になります。
下記の情報7月2日現在結果です。 (敬称略)

 裁判所名 東京地方裁判所 刑事第6部 ( 合田悦三判事 他2名の合議制)
 日時・場所 2008年7月2日(水)10時00分より15時34分東京地方裁判所第429号法廷 
※休憩は12:10〜13:30

<先着>当日午前9時45分までに指定場所に来られた方を対象に先着順で配布します。なお、希望者多数の場合は、時間前に配布することもあります。開廷時間は午前10時です。
 事件名 詐欺  平成19年刑(わ)994 1219  同1323
     被告人熊本徳夫、同 坂上好治の2名
 備考 証人出廷・尋問、 午前;茂木(もてぎ)公認会計士 元みのり共同会計事務所所属 
            午後;佐藤賢治 元平成電電株式会社代表取締役 
            計2名

次の期日は2008年7月10日(木)10時00分より12時00分東京地方裁判所429号法廷(場合により17:00までの可能性あり) ←熊本被告人及び弁護人側による証人尋問の取消(必要なしとの推測)のため。

その次の 次回期日は2008年9月3日(水)10時00分より17時00分東京地方裁判所429号法廷

※約40名程度の定員とみられます。

※被告人佐藤賢治につきましては、公判期日が分離されています。

▼それ以降のスケジュースは こちらです。▼

表;詐欺被告事件(平成電電匿名組合第20号による熊本徳夫と坂上好治における被告事件)
(2008/7/2/平成電電出資被害者結束委員会)



平成電電匿名組合詐欺被告事件は事件番号:「平成19年刑(わ)994他 刑事第6部」になります。
下記の情報6月24日現在予定です。 (敬称略)

 裁判所名 東京地方裁判所 刑事第6部 ( 合田悦三判事 他2名の合議制)
 日時・場所 2008年7月2日(水)10時00分より17時00分東京地方裁判所第429号法廷 
※途中12時頃から約1時間に渡り休憩あり。

<先着>当日午前9時45分までに指定場所に来られた方を対象に先着順で配布します。なお、希望者多数の場合は、時間前に配布することもあります。開廷時間は午前10時です。
 事件名 詐欺  平成19年刑(わ)994 同1219 同1323
     被告人熊本徳夫、同 坂上好治の2名
 備考 証人出廷・尋問、 計2名

次の期日は2008年7月10日(木)10時00分より12時00分東京地方裁判所429号法廷(場合により17:00までの可能性あり)
その次の期日は2008年9月3日(水)10時00分より17時00分東京地方裁判所429号法廷

※約40名程度の定員とみられます。


※被告人佐藤賢治につきましては、公判期日が分離されています。

▼それ以降のスケジュースは こちらです。▼

表;詐欺被告事件(平成電電匿名組合第20号による熊本徳夫と坂上好治における被告事件)
(2008/6/24/平成電電出資被害者結束委員会)




刑事裁判 公判(けいじさいばん こうはん)



(写真は右は地下鉄桜田門駅5番出口、左側建物(赤レンガ)法務省合同庁舎、その後ろ裁判所合同庁舎(東京地方裁判所)
※地下鉄桜田門駅は東京メトロの全駅で1日の利用客が最も少ない駅です。


第一回公判によると第2回公判期日は次のとおりです。
日時;1日目;平成20年5月19日(月)午前10時〜17時、2日目;翌日である20日(火)午前10時〜17時
場所;1日目;東京地方裁判所429号法廷(東京地裁刑事第6部の法廷です。) (4階)
    2日目;東京地方裁判所104号法廷(東京高等裁判所及び東京地方裁判所の合同法廷です。104号法廷で行うのは初日とこの日のみです。)(1階)
傍聴については次回は抽選はない模様です。
 第2回公判では主に、証人田代氏(元平成電電経理部長)による尋問が予定されています。

(以下は第一回、民事訴訟などと類似した記述です。)
交通について
場所;地下鉄霞ヶ関駅(丸の内線日比谷線の乗り換え部分にある改札口が最寄です。千代田線ご利用の方は少し歩きます。) A1出口を出て右側の建物
地下鉄有楽町線桜田門(さくらだもん)駅5番出口を出た(右側の建物は赤レンガの法務省庁舎)右後方の白い建物(徒歩2分)
有楽町線をご利用の方は桜田門駅下車が大変便利です。
地下鉄銀座線虎ノ門(とらのもん)駅を出て徒歩6分
その他の駅からの徒歩も可能でありますが、徒歩20分程度の時間を要するので上記の3駅の利用をおすすめします。
 また朝10時からの傍聴の場合霞ヶ関、桜田門駅までに来るのには通勤ラッシュの時間と重なることがあり、路線検索の時間と20分くらい相違することがありますので来場には余裕をもっておいでください。(昼間の時刻表は正確です。)

付近周辺地図(東京地方裁判所)

yahoo路線情報(地下鉄;丸の内線、日比谷線、千代田線、霞ヶ関駅9時半到着編)

yahoo路線情報(地下鉄有楽町線桜田門駅9時半到着編)



遠方からの自家用車・路線バスでの移動はお勧めできません。特に朝は首都高速道路、主要国道は渋滞します。また自家用車でのご来場の場合は駐車場(裁判所)がありません。霞ヶ関周辺にもございません。近隣の日比谷公園には専用駐車場、虎ノ門付近には路上パーキング(60分300円それ以上は不可)、駐車場(30分300円が相場、1日最大3000円という駐車場もあり)もございますが、朝は空いていない可能性もあります。したがって、自家用車の移動は現実的ではないものと存じます。どうしても自家用車でのご来場をお考えの方は前日の夜に来て宿泊していただくしか方法はないと思います。尚夜(深夜)の自動車の移動はかなりスムースです。




※あくまで、当HPを閲覧される方のための便宜を図るために行っているものなので、平成電電出資被害者結束委員会の掲示情報を信頼したことによる損害について責任は負えませんので、各自ご確認をお願いします。
 またリンク等は自由ですが、出典、参考アドレスは明記していただくようお願い申し上げます。



東京地方裁判所(裁判所合同庁舎)の注意点
●裁判所の建物に入場する前に「金属探知機」によるチェックが行われます。入場時には空港の搭乗ゲートへの入場と同じように金属になるものや携帯電話などを指定された皿の上においてゲートを潜ります。
●裁判所の建物の地階に食堂なるものがありますが、一般の方が利用する施設の割には他の官庁街の食堂(関係者のみしか利用できません)とくらべて質素であります。最寄で一般の人が利用できる場所は、霞ヶ関駅A1出口とA2出口にある「アートコーヒー」やB1出口にある弁護士会館沿いのところにある地階レストラン。その次に近いところは霞ヶ関3丁目にある霞ヶ関ビル1階のレストラン街、地下鉄虎の門駅付近にある日土地ビルなどであり、裁判所直近は食事には決して便利とはいえない場所です。
裁判所のホームページ



平成電電出資被害者結束委員会のTOPに戻る

平成電電 / 平成電電出資被害者結束委員会 / 平成電電被害者の会 サイトマップ

平成電電出資被害者結束委員会PC版前編
平成電電出資被害者結束委員会 PC版後編
平成電電出資被害者結束委員会 携帯版
平成電電出資被害者結束委員会参加方法
平成電電出資被害者結束委員会会合 幹事一覧
平成電電出資被害者結束委員会 リンク応援団
平成電電 被害者 資料はこちらです。
平成電電 関連ニュース



冒頭文章過去分。(平成電電 被害者)

▼今後の予定へ▼

▼これまでの経緯へ▼




● 平成電電 刑事裁判

▼平成電電匿名組合詐欺被告事件(被告人熊本徳夫・同 坂上好治)


平成電電匿名組合詐欺被告事件(熊本・坂上ルート)第4回公判(平成20年06月02日)速報

平成電電匿名組合詐欺被告事件第4回公判(平成20年06月02日)429号法廷配置図。

平成電電匿名組合詐欺被告事件(熊本・坂上ルート)第3回公判(平成20年5月20日)速報

平成電電匿名組合詐欺被告事件第3回公判(平成20年5月19日)104号法廷配置図。

平成電電匿名組合詐欺被告事件(熊本・坂上ルート)第2回公判(平成20年5月19日)速報

平成電電匿名組合詐欺被告事件第2回公判(平成20年5月19日)429号法廷配置図。

平成電電匿名組合詐欺被告事件(熊本・坂上ルート)第1回公判(平成20年3月28日)速報その1(起訴状・罪状認否編)

平成電電匿名組合詐欺被告事件(熊本・坂上ルート)第1回公判(平成20年3月28日)104号法廷配置図。


平成電電 逮捕情報(2007/4/2)






●平成電電 民事裁判

平成電電 民事訴訟 情報はこちらです。


▼ 平成電電匿名組合損害賠償請求訴訟

第9回口頭弁論(平成20年5月14日)速報。
第8回口頭弁論(平成20年4月9日)速報。
 第7回口頭弁論(平成20年3月12日)速報。
第7回口頭弁論(平成20年3月12日)103号法廷配置図。

第6回口頭弁論(平成20年2月13日)速報。
第6回口頭弁論(平成20年2月13日)103号法廷配置図。

判決言渡 被告 石崎淳一 元平成電電取締役(平成20年1月16日)速報。

第五回口頭弁論(平成19年12月19日)速報。
第四回口頭弁論(平成19年11月21日)速報。
第三回口頭弁論(平成19年10月17日)速報。
第二回口頭弁論(平成19年9月19日)速報。
第一回口頭弁論(平成17年7月25日)速報。




● 平成電電 債権者集会

破産者平成電電法人・個人関係者債権者集会状況報告(2008/3/24こちらに移動しました。)

第四回破産者平成電電株式会社平成20年3月5日債権者集会の状況報告(速報)

第三回破産者平成電電株式会社平成19年9月26日債権者集会の状況報告(速報)


第一回(平成電電設備・平成電電システム)平成19年2月7日債権者集会の状況報告(速報)
第二回(平成電電設備・平成電電システム)平成19年7月31日債権者集会の状況報告(速報)
第三回(平成電電設備・平成電電システム)平成20年1月16日債権者集会の状況報告(速報)

第一回破産者 ハンドキャピタルアソシエイツジャパン・熊本徳夫・坂上好治の債権者集会(平成19年7月31日)の状況報告
第二回破産者 ハンドキャピタルアソシエイツジャパン・熊本徳夫・坂上好治の債権者集会(平成20年1月16日)の状況報告


第1回破産者ドリームテクノロジーズセールスジャパン株式会社(平成20年4月8日)債権者集会の状況報告(速報)

破産者佐藤賢治第3回債権者集会(平成20年05月14日)速報。

破産者佐藤賢治第2回債権者集会(平成19年11月14日)速報。


破産者佐藤賢治第1回債権者集会(平成19年07月25日)速報。

(第一実行部)
平成電電匿名組合出資被害者の会関係

平成電電匿名組合に出資されたあなたへ
平成電電匿名組合連絡掲示板 (地域毎・項目別のスレッド掲示版)
平成電電匿名組合情報提供・収集掲示板
平成電電匿名組合情報提供・収集掲示板(過去倉庫)
wikipedia-平成電電匿名組合
平成電電匿名組合第13号  募集資料(再現)2007/5/6。


(第二実行部)
平成電電利害関係者連絡会
↑匿名組合を除くfreecom,ADSL、パートナー等の出資関係です。
wikipedia-平成電電
2chニュース【平成電電】
平成電電ベンチマーク掲示版

(第三実行部)

平成電電グループに労働力等を提供するあなたへ
平成電電関係企業一覧
平成電電関連総合掲示版
平成電電グループ労働関係者交流掲示版
wikipediaドリームテクノロジーズ トライアイズ


その他
近未来通信出資者結束委員会
(新)パソコン初心者質問掲示版
EXIT

2008.6.1.1.4a:公判kuma_saka2、公判図公判kumasaka3,債権sato3
2008.5.26.1.3a
2008.5.14.1.2a
2008.5.3.1.1b



inserted by FC2 system